福山で広島式汁なし担担麺!

カバ亭の汁なし担担麺

汁なし担担麺 使用材料

個人の趣味でやってるのですべて自作というわけにはいきませんが、タレ(辣油)・ジャー醤は作ってます。
麺は「クラタ食品」さんで28番細白麺(低加水)を使用。バリカタでもおいしいこだわりの麺らしく、固めに茹でて使ってます。
山椒は「キング軒」さんのお持ち帰り用の山椒を主に使用してます。
辣油は2種類、タレ辣油と辛辣油作っており、辛さに段階を付けてます。

尚、別メニューとして『汁なし担担麺(赤)』というのがあり、2辛の辣油にデスソース、麺にカエンペッパーをまぶし、ジャー醤もデスソースで味付けというものがあります。www

クラタ食品お取り寄せ

レシピ

詳細なレシピは国松さんのを参考にされるとよいと思います。

現在「広島汁なし担担麺推進委員会」webサイトでは見れませんが、お店に行くとレシピを無料配布してるそうです。(太っ腹~!)

辣油 (大さじ2)

酢醤油 (大さじ1)

練りゴマ (大さじ1~2)

鶏がらスープ (大さじ3)

を丼に入れて茹でた麺を入れ、ジャー醤・ネギを乗せて山椒をふりかける。

 

飯割

汁なし担担麺 飯割

有磨屋さんでは飯割といいますが、麺を食べ終えた後に残るタレの絡んだジャー醤に、ご飯を入れて混ぜて食べるのもメジャーな食べ方です。

キング軒さんでは特製の醤油を掛けて食べます。

カバ亭でも醤油を掛けますが、あればタレ辣油を作った時の具(食べるラー油みたいなもん)を乗せます。

ちなみに有磨屋さんには「汁割」というのもあり、ご飯とともにスープを掛けて食べることも出来ます。(これも旨い!)

 

カバ亭とは?

福山市の架空汁なし担担麺専門店です、店として実在はしません。w

同じ広島県でありながらいまいち盛り上がっていない福山での汁なし担担麺熱ですが、自分で作るようになって友人知人をはじめ、釣り友達に振舞っていると、いつの間にか僕の家が「カバ亭」という店の設定に。w

地元福山の人や岡山の人は汁なし担担麺初体験という人も多く、本場の広島で食べたことがない人が多いため、僕の作る程度のものでも美味しいと言って食べてくれます。

 

カバ亭のはじまり

カバ亭の汁なし担担麺
そもそも最初は友人とご飯を食べに行ったら、友人が好んで食べていたのが汁なし担担麺でした。

僕も担担麺系は嫌いではなかったので食べるようになり、広島市の方で汁なし担担麺が流行ってるというところから、福山の汁なし担担麺を制覇してやることに。w

この時点で友人よりも僕の方がハマっていたようです。
そのうち自分で作ってやろうと思い、福山で食べ歩いて気に入った有磨屋さんの汁なし担担麺を模して作っていました。
そんな時、広島の汁なし担担麺通の友人が食べに来てくれたのですが、『広島汁なし担担麺』とは少し違う「油そば風の汁なし担担麺」であることが発覚!
広島市内に行った時にはキング軒さんに食べに行き、公開されている国松さんのレシピを参考に、何とか『広島汁なし担担麺』と言えるものが出来ました。
まだまだ研究は続きますが、何とか満足できるものが出来て一段落です。

 

 

福山で汁なし担担麺が食べれるお店

ここに載っている店以外で汁なし担担麺を出す店があったら教えて下さい。w

 

 

 

 

 

 

 

 

 

※ 星はあくまでも著者の好みの判定で、味の旨い不味いを評価しているものではありません。