美味しく食べるために

7月15日、やっと単独じゃなくミニボート仲間と行ってきました。
これでケンサキポイントまで行けると思ってたんですが・・・昼から風が出るからと近場での釣りになりました。
それでも今まで40mラインまでしか行かなかったのに、シミーさんが60mラインまで行ったので僕も足を伸ばしたんですが、この日40mラインはマゴチが釣れただけでさっぱり。
60mラインで全員安打となりました。
深場に移動したのか?

シミーさんと浩ちゃん

しかも今回釣れたのは食べごろサイズの40cmクラスの真鯛!
ここんとこ60UP真鯛ばかりで、やっぱり身がぐずぐず気味で刺し身で食べるきにならなかったので、嬉しい1匹になりました。
浩ちゃんは80UP釣ってた、デカすぎ。www

さて、今回の釣行は2つの新兵器がデビューになりました。
1つは魚探ですね。
ちゃんとボトム付近のベイトの群れに反応してました。
もともと魚探は水深が分かればいい程度の簡易的なものを買う予定だったので、満足。

そしてもう一つがこれ。

手動ポンプです。w

魚の締め方を解説した市場の人の動画を見ると、血抜きのために切った動脈にホースを当てて、カットした尾びれ側の動脈から完全に血を洗い流している。
これをやりたくて、最初は水鉄砲的なものを考えてたんだけどこれを見つけた。w

車用 手動式 オイルポンプ

吸い込み側のホースを船外の海へ、海水で洗うから魚へのダメージも少ない♪
今回はまだコツが掴めず、尾びれ側からは少しにじみ出るぐらいで、動脈の血は残ってたけど。w

また、前回から締めた魚を給水紙で包んで袋に入れてるんだけど、解説動画によると空気に触れさせないために袋の中の空気を抜くとあった。
前回は神経締めワイヤーのケース(ストロー状の筒)を使って口で中の空気を吸って抜いてたんだけど・・・あまりの真鯛臭さに気分が悪くなって諦めた。www
このポンプがあれば袋内の空気を抜くのも簡単!

あとはボート内に溜まった水の排出。
今まではタオルに含ませて絞って捨てるって面倒なことしてたので。w

こんな感じで持って帰ります。(*´ω`*)v
美味しく食べるための挑戦はまだまだ続く!www

5日前

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です